法人概要

理事長挨拶

理事長

今年学校法人白百合学園の設立母体シャルトル聖パウロ修道女会は、創立325周年を迎えました。南フランスのボース地方ルヴェヴィル・ラ・シュナール村の教会にルイ・ショーヴェ神父が派遣され、この神父の働きから始まります。それは小さな学校の始まりでした。ここに、学校法人白百合学園の原点があります。
日本では1878年、函館に来日した3名の宣教女の活動による聖保禄女学校創設に始まり、現在は幼稚園から大学院までの教育機関を設置しています。幼稚園では、人格形成の重要な時期と位置づけ、モンテッソーリ教育を行い、続く小学校、中学高校でも心を育む教育を心がけています。大学・大学院では自己の研究テーマを深め、社会に貢献できるよう育成することを目指しています。
予測不能なコロナ禍にあって、価値観も多様化する現代社会だからこそ、他者に寄り添う心豊かな子女の育成に努めてまいります。社会の変化を読み、変えるべきものと変えてはならないことを見分ける英知を祈り求め、前進していきたいと考えております。
どうか今後ともお力添えをよろしくお願い申し上げます。

 

学校法人白百合学園 理事長

pagetop