法人概要

教育理念

教育理念

EDUCATIONAL PHILOSOPHY
キリストの愛に基づく全人教育を

神はご自分にかたどって人間を創造された

 様々な社会問題に悩む現代日本の社会にあって、「教育=学校」が通念とも言える現状から、「教育基本法」に明言されている教育の目標「知・徳・体の調和のとれた発達」のうちの「徳育」についての見直しは、“Better than nothing” と言えるでしょう。と申しますのは、カトリック学校における教育理念からすると、教育は、誕生から、あるいは、母親が「いのち」を預けられた瞬間から始まっているはずですから。つまり、人は、創造主である神のいのちをいただいて生きるものとなる、尊い存在であることを認識するならば、「教育基本法」に記されている教育の目標「社会(その国、その時代)が理想とする人間像を目指して行われる人格形成の営みであり、幅広い知識と教養、豊かな情操と道徳心、健やかな身体をはぐくむという、知・徳・体の調和ある人格の完成を目指す」のは、理の当然であるからです。
 IT化が急速にとり入れられ、電車やバスの乗車券、買い物もカードで支払う便利な世の中になり、早期から、機器を利用した学習に偏る時、単純な算数も、正しい漢字を書くこともできない学生が、PCの複雑なプログラムに取り組むといった、一種の矛盾と「知育」の見直しの必要性に迫られるのを感じる昨今です。そのような現実にあって、「豊かな感性と知性を備えた女性」の育成をめざし、普遍的なキリスト教の人間観を基盤とした教育理念の実践に努めて参ります。

pagetop